このサイトでは住宅メーカーとは何かについて解説されています。
その特徴や他の建築会社との違いに関しても言及がなされます。
また住宅メーカーとゼネコンの違いについても説明があり、素人にも分り易く紹介されているのが特徴です。
さらにビルダーとの違いに関しても記載があります。
それ故幅広い住宅事情が網羅されているのもポイントとなっています。
加えて、同メーカーの平屋の坪単価なども併せて解説があります。
最後には、関連工法の一覧も載せられています。

住宅メーカーとは?特徴や他の建築会社との違いを解説

住宅メーカーとは?特徴や他の建築会社との違いを解説 家造りの基本は、信頼できる住宅メーカーを選ぶことから始まります。
信頼できる住宅メーカーとは、設計から施工、アフターケアまで高品質な対応が期待できる会社を意味します。
家造りを行う会社には、大手メーカーや街の工務店があり、それぞれ得意分野を持っています。
住宅購入は人生の一大イベントであり、施工会社の選び方には十分な検討が必要です。
大手の住宅メーカーと街の工務店では、家造りの姿勢に違いがあるものです。
工務店は施主との二人三脚を大事にしており、綿密なコミュニケーションを得意とします。
一方、住宅メーカーは良い建物を如何に低価格で提供できるかに強みを発揮します。
中でも大手住宅メーカーとは、全国展開している会社を意味するわけです。
知名度を広めるために広告に力を入れているわけです。

住宅メーカーと工務店にはいくつか違いがあります

住宅メーカーと工務店にはいくつか違いがあります 工務店はさまざまな規模や営業スタイルのところがあり、小規模な会社が多く営業拠点が複数ある業者でも、施工エリアは住宅メーカーと比較すると地域密着色が強いです。
住宅メーカーは全国に支社や支店を置き、住宅展示場においてモデルハウスを公開します。
工務店の場合、間取りや外観デザインのプランを施主といっしょに造ることが可能です。
気に入ったシステムキッチンを使ったり、オリジナルキッチンを製作することができます。
プランの自由度はかなり高く、こだわりのある住宅を実現することが可能です。
住宅メーカーの場合、提供されている住宅商品は自由に間取りをつくる自由設計型や、間取りパターンや標準仕様などの設備から選ぶ企画型が多いです。
自由設計型でも間取りは一定パターンに変更することができたり、設備や内装材、外壁材は標準仕様のバリエーションから選択することができます。
自由度はやや低いかもしれませんが、建てた後の保証制度やメンテナンスが確立されているのが特徴的です。
標準仕様として提供された間取りや設備以外のアイテムを導入する場合、何かしらトラブルが起きた時の原因が分かりにくくなったり、メンテナンスが難しくなるでしょう。
建築資材の加工の現場ではなく工場で行うことが多く、そのため建築部材の精度は高くなるので、仕上がりが均一です。
アフターメンテナンス体制は会社によって違いますが、定期点検や保証制度などを設けているところはあります。
何かしら異常があれば駆けつけて修理してくれたり、手厚い対応を期待することが可能です。
定期点検や保証をきっちりと制度化している業者は多いので安心です。