住宅メーカーとビルダーの違い

住宅メーカーとビルダーの違い 住宅メーカーと、一言で言ってもその種類や携帯は千差万別です。
得意分野も異なれば、営業エリアや販路も異なるなど様々な代理店としてフランチャイズ契約をしているもの(例えば家電量販店など)も合わせれば非常に数の多い中から選ぶ必要が出てきます。
大きなカテゴリでは、ハウスメーカー・ビルダー・工務店という3つの部類に分けられます。
ハウスメーカーは一般的に大手の住宅メーカーで営業エリアも日本全国に渡り、だいたいの主要都市には窓口が設置されています。
一方のビルダーや工務店と大規模メーカーとの違い中小規模のメーカーを指すことが多く、県内や広くても近隣の県をまたぐくらいの規模とされています。
これらの中小は営業力や広報活動が弱い一方で、地域密着型で信頼されているものが数多くあります。
もし地元密着型の中小企業から住宅を購入する場合は、様々な地元の人たちの口コミを重要なポイントとして意識すると良いでしょう。
理由は、地域密着型企業はその地域の信頼で成り立っているからです。

住宅メーカー・ハウスメーカーと工務店との違い

住宅メーカー・ハウスメーカーと工務店との違い 住宅メーカーとハウスメーカーはほぼ同じ意味で、独自のブランドを全国規模で展開する大きな会社のことで、全国へ支社や支店があって対応エリアも広いです。
仕様・規格が統一化されていて工期は短くスムーズ、商品・サービスも一定の品質が保たれていて安心です。
安定した経営基盤があり、アフターフォローも整っているので完成してからの長い付き合いも不安なく、住宅展示場もあるのでモデルハウスで実際の家も見学できるのが魅力です。
住宅メーカーと工務店の違いですが、こちらは工事全体に責任をもって工事に関わる職人の手配や管理をする業者で、ハウスメーカーより特定エリアが対象で、地域密着型の営業を行っていることが多いです。
会社規模や営業の形は色々で、社長と職人で構成する昔ながらの小さい工務店以外に、規模も大きくて着工棟数が多いところ、フランチャイズ加盟店などもあります。
会社ごとに得意な工法・デザインが違い、間取りやデザインの自由度は高いです。