住宅メーカーの工法一覧

住宅メーカーの工法一覧 住宅メーカーはそれぞれ構造や工法の特徴があります。すべての手法を一覧にして紹介しますが、まずは大きく分けて材質が木造と鉄骨、コンクリートに分かれます(以下、工法の文字は省略します)。
木造の場合、もっとも一般的なのは伝統的な「在来軸組」です。間取りを自由に決めることができてリフォームもしやすいのですが、職人のレベルによって完成度に差が出ます。「2×4(ツーバイフォー)」はパネル式の壁を組み合わせて施工するもので、均一のレベルが期待できるし、短期間で完成するのも魅力です。壁で支える形式なので間取りはある程度固定され、リフォームは難しくなります。
鉄製の建物は「軽量鉄骨」「重量鉄骨」があり、前者の場合は比較的低コストで工期も短めです。大空間や大きな吹き抜けなども作りやすいのがメリットでしょう。「重量鉄骨」は軽量と同様に大空間や大きな間口が取れるし、耐久性にも優れていますが、コストは高めです。最後に「鉄筋コンクリート(RC)」造は耐火性や耐久性が高くなりますが、建築コストは高めです。それぞれの方法を得意とする住宅メーカーがあるので、展示場などで希望に合う施工のメーカーを探してみてください。

住宅メーカーによる、ユニット工法を用いた住宅の建築

住宅メーカーによる、ユニット工法を用いた住宅の建築 マイホームを建てることは人生において大きな決断です。国内には様々な住宅メーカーがあり、どのような建築方法を選ぶべきか、悩んでおられる方も多いでしょう。
住宅メーカーによってはユニット工法と呼ばれる手法を採用しています。これは建築現場ではなく工場でユニットと呼ばれる四角い枠組みを生産し、現場で組み合わせる建築手法です。作られたユニットはトラックで現場まで運ばれ、クレーンを用いて積み上げられます。この方法を用いると現場での作業時間が軽減され、完成までの工期を大幅に短縮することができます。建築中はご近所への騒音の配慮も必要であるため、工期が短いことは大きなメリットとなります。
ユニットは柱と梁が一体化されており、非常に頑丈なのが特徴です。工場生産することで職人の技術のバラツキを防ぎ、品質を安定させることができます。また、それにより耐震性に優れることも特徴です。
一方でユニット工法ではあらかじめ決められた規格のユニットを用いるため、間取りには制限が多いことも事実です。建物の外観も画一的になることが多く、好みが分かれることもあります。